3つのNOTを活用!読まれる記事の書き方を解説

月10万円をお家で稼ぐロードマップ!ずーみーさんのブログ記事月10万円稼ぐブログを作る方法まとめ【要ブックマーク】がおすすめです!

「ブログを書いたけど、Googleの検索上位に掲載されない…」

「そもそも、検索結果には表示されているのに、クリックされない…」

せっかくブログを書いても、そんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

ブログや記事を書く時に、ぜひ知ってもらいたい「3つのNOT」の概念をお伝えします。

目次

文章を書く時に役に立つ「3つのNOT」の概念とは?

ブログを始めたばかりの人は、「一生懸命書いたんだから全文読んでくれるだろう」と思いがちですが、まったくそんなことはありません。

そもそも、Googleの検索結果を見てクリックしてもらうことが難関だと考えてください。

3つの概念を念頭に置いて、記事を書かなくてはなりません。

その 「3つのNOT」の概念とは 、

開かない(NOT OPEN)

読まない(NOT READ)

信じない(NOT BELIEVE)

0から始めるブログ起業の教科書

読者さんは「開かない(NOT OPEN)」ので記事タイトルを工夫する

一例として、Googlechromeのシークレットモードで「寒川神社 七五三」と入力し、検索してみました。

検索結果の1位は公式サイトですが、その下に七五三特化ブログ個人ブログの体験記が入っています。

タイトルで「読んだ結果、欲しい情報が得られそうか?」を読者さんは厳しく判断しています。

タイトルに検索されるキーワードを入れないと、クリックすらしてもらえないのです。

読者さんは「読まない(NOT READ)」のでパッと見で内容がわかるようにする

一生懸命書いても、読者さんは全文を隅から隅まで読んでくれるわけではありません。

わざわざお金を払って買った本なら読むかもしれませんが、無料で読めるブログは流し読みされるものです。

  • 見出しだけでも内容がわかるように書く
  • 本文には太字やラインマーカー機能を活用し、そこだけ読んでもわかるぐらいに装飾する

長文を買いてもじっくり読んでもらえないなんてチョット悲しいですが…

自分を振り返ってみても同じなんですよね。

読者さんは「信じない(NOT BELIEVE)」ので誠実な記事を書く

あなたがお出かけ記事やカフェ記事を書くのでも、何かを教えるのでも構いません。

誠実な記事を書きましょう。

  • わかりやすい文章(文章力は不要です!)
  • 著作権法を守った写真や画像を使う
  • 自分の思いや感想も書いて、必ずオリジナルに

ブログ記事は読んでもらえる工夫をしよう

ブログは一生懸命書くだけではダメで、ちょっとした「読みやすい工夫」が大切です。

今日からブログ記事の書き方を少し変えてみましょう。

私はいつも、ずーみーさんのブログを読んで勉強しています。

ぜひブックマークして毎日読むことをお勧めします!

ブログ起業の教科書(TOPページ)

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる