無限くら寿司にチャレンジ! Go To Eat キャンペーン EPARKでのポイントの使い方とセルフレジ注意点は? #gotoeat #くら寿司

先日、EPARKでのGo To Eat キャンペーンを利用して「くら寿司」をポイント支払いでお得に食べてきました!

「くら寿司」でGo To Eat キャンペーンを利用してで、ポイント支払いで食べてきましたよ!

4400円が1400円で食べることができました。EPARKでのGo To Eat キャンペーンを利用して「くら寿司」をポイント支払いでほぼ無料で食べたい人は、少し注意点があります。

ぜひこの記事を参考に、「お得にくら寿司」してくださいね!

目次

EPARKでのGo To Eat キャンペーンを利用して「くら寿司」をポイント支払いしたい

EPARKでのGo To Eat キャンペーンは、特徴があります。

  1. EPARKのGo To Eat 特設キャンペーンサイトから「時間指定テーブル予約」をする(くら寿司は人気で、週末の子連れタイムは1週間以上先まで予約が埋まっています)
  2. 予約した時間にいき、食事を楽しむ
  3. 予約した食事を食べ終わったら、お会計に並んでいる間に、Go To Eat 特設キャンペーンから「ポイントをつかう」を選び二次元バーコードを作成する(二次元バーコードの有効時間は10分なので、早すぎてもダメです)
  4. くら寿司がセルフレジ店の場合、Go To Eat「ポイントをつかう」場合は、店員さんにお願いする必要があります!ここポイント!

1.「時間指定予約」をする

青で囲ったキャンペーンサイトのバナーから「EPARKのGo To Eat 特設キャンペーンサイト」飛べます。

「スマホでテーブル予約」では、時間予約してもGo To Eatの認定がされませんので気を付けてください。

特設サイトから「Go To Eat テーブル予約」を選んで時間指定予約します。

2.くら寿司のテーブルにもポイントの使い方の大きな紙があります

テーブルに座ったら、おいしいお寿司をいただきながら、ポイントの使い方を確認します。

3.くら寿司の店内でポイントを使うための二次元バーコードを作成する

二次元バーコートの有効期限は10分間なので注意!

くら寿司の愛用しているお店では、Go To Eatキャンペーンが始まってから「セルフレジ」になってしまい、戸惑う人続出でお会計の行列が。

※二次元バーコードを作成して10分経ってしまったら、戻って作り直せば大丈夫です。

4.くら寿司セルフレジ店舗では、「Go To Eat ポイントを使う」のは店員さんにお願いする必要あり!

後ろもレジ待ちの人が並んでいて焦っても、落ち着いて店員さんに声掛けしましょう!

くら寿司セルフレジでは、まだ「Go To Eat ポイントを使う」二次元バーコードは対応していないようです!

また、駐車券の優待もセルフレジではできないので、別途店員さんにお願いしてください。

無限くら寿司!? 「Go To Eat ポイント」を使って支払っても、またポイントがもらえる!

今回のお会計は、4000円を超えましたが、Go To Eat ポイントを使って1000円ちょっとで家族全員食事をすることができました。

これがすごいのが、ポイント分を含む金額が1人1000円を超えていれば、また「Go To Eat ポイントをためる」申請できるんです!

初回だけ定価で食事したあと、無限に家族人数×1000円(ディナー時)割引されるんですね!

わが家ももちろん、申請しました。

無限くら寿司のおさらい

ここで無限くら寿司についておさらいしておきましょう。

  • EPARKのGo To Eat 特設キャンペーンサイトから、くら寿司の「時間指定テーブル予約」をする
  • 二次元バーコードを作成して支払い。セルフレジ店でわからなかったら「Go To Eatポイントを使いたいのですが」と店員さんに聞いてみよう
  • Go To Eatポイントを使っても、1人1000円(ディナー時)を超えた金額を食事していれば、またGo To Eatポイントをためる申請ができる

早めに計画を立てて、お得においしい食事をいただいてくださいね!

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる