転勤族の引越し対策。引越ししてすぐは多少の出費は必要経費と割り切ろう

転勤で新しい土地に引越してすぐは、多少の出費は罪悪感を持たずに使いましょうという提案です。

節約は大切ですが、ストレスをためて体調を崩したら大変です。 

目次

引越し作業中の預け先を探そう、夫婦で分担しよう 

もし、お子さんがまだ小さい赤ちゃんの場合は、引越し作業で家具にぶつかったり、埃が舞うのもアレルギーなどの問題で心配です。 

頼れる実家が近くになくても、夫婦で乗り切れる二つの方法を提案します。 

ベビーシッターさんに来てもらう 

引越し作業中や、大きな家具を組み立てている間は、赤ちゃんが心配です。思い切って託児所(地方は意外と空いている託児所があります)やベビーシッターさんに来てもらうのはどうでしょうか。 リンク先はこちらをどうぞ。

宿を予約しよう 

わが家が生後6ヶ月の赤ちゃんを連れて引越しした時のパターンです。お布団のある宿を予約し、パパは新居の鍵管理や引越しトラックの誘導、ママは宿で赤ちゃんのお世話をしました。赤ちゃんが寝返りやはいはいを好きにできるという点で、なかなか良かったです。 

転妻(転勤族の妻)さんのリフレッシュは必要経費 

新生活が始まったら、旦那さんは奥さんにお小遣いを多めにあげてほしい! 

いや、転妻さんは堂々と使っていい!

昼間、だれも知り合いがいなくて寂しいじゃないですか。 

カフェでのお茶や、雑貨程度のショッピングぐらいは必要経費だと思います。 

転勤族の夫さん、いいですか? 奥さんが笑顔なら家庭が平和ですよっっ!! 

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが転勤族の主婦へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる